【衝撃】安藤優子アナが謝罪せずグッディ視聴者怒り / 熱中症寸前スタッフに生中継強要「常識の無さを感じた」

バズプラスニュース

goody2

フジテレビの安藤優子アナウンサー(61歳)が大炎上している。報道バラエティ番組「直撃LIVEグッディ!」にて、熱中症寸前と思われるディレクターに対して、野外での生中継の継続を強制したことに対し、多くの人たちが不快感をあらわにしているのだ。

・豊田綾子ディレクターの体調に異変

問題のシーンは豊田綾子ディレクターが京都府の渡月橋から生中継を実行した際に発生した。豊田綾子ディレクターによると現地の気温は40.1度。そんな状況下で取材をしていたせいか、豊田綾子ディレクターの体調に異変が生じ、まともに思考ができなくなった。

・豊田綾子ディレクターの生中継を再スタート

豊田綾子ディレクターはとっさに自身の危機を感じ取ったのか、「ごめんなさい。お返ししておきますねー」と言い、スタジオに映像を戻して生中継を終えようとした。しかし安藤優子アナウンサーはそれを許さなかった。

安藤優子アナウンサーは「もう一回お返ししていいですか!?」」と言い、すぐさま豊田綾子ディレクターの生中継を再スタートさせたのだ。

goody1

・生中継のやり取り

豊田綾子「渡月橋こちら150メートルぐらいあるんですけど、見てわかる通りですね、日影がございません。日向で直射日光当たるかたちになっておりますね。若い方はいいんですけど、年を取ってしまいますと歩くのに10分ぐらいかかります。かなりきつい道となっておりますね。今回取材をしているなかで、皆さんいろんな対策をしております。もちろんですね……。えーと……、日焼け止め、日焼け止め塗るって方ももちろんなんですけども……、あとはペットボトルを凍らして、えー……、きゅうりを入れて凍らせてきたりだとか、あとはですね……、あのー……、なんだっけな……。すみません、ちょっと熱すぎて頭がボケーっとしてるんですね……。ごめんなさい。お返ししておきますねー」

安藤優子「えー! (スタジオに)返しちゃうの!? 私返されたのね!? 私返されたのね!」

豊田綾子「準備してきたんです……。あと3つあるんですよ。3つあるんですけど、ちょっとね……」

安藤優子「豊田さん! 豊田さん!! もう一回、お返ししていいですか!?」

豊田綾子「……返しちゃいますよね、そうですよね。えーとですね、えーと……。ちょっと暑くてですね。一回、あのー……、そうですね……。対策としては日焼け止めというものをしております。日に当たることが……」

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
goody11

・豊田綾子ディレクターは体調的に限界か

おそらくだが、安藤優子アナウンサーとしては「しっかり生中継リポートしろよ! プロだろ!!」という考えのもと、豊田綾子ディレクターに対して厳しく接したのかもしれない。しかし豊田綾子ディレクターは体調的に限界に達しており、取材をまっとうできなかったという展開だろうか。

スポンサーリンク


・命を落としてもおかしくない状況

どうであれ、40.1度もの高温のなか取材を継続する行為は非常に危険であり、安藤優子アナウンサーがどんなに根性論を振りかざしたとしても、無理なものは無理である。そもそも、炎天下のなか、突如として命を落としてもおかしくない状況だ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

・まったく謝罪せずし駐車がさらに不快に

そんなあまりにも酷すぎる生中継が行われたのが2020年8月19日(水曜日)。多くの人たちが豊田綾子ディレクターの体調を心配しつつ、安藤優子アナウンサーに対して激しく怒りの声をあげていたが、翌日である2020年8月20日(木曜日)の放送でも謝罪をせず、多くの人たちがさらに不快感を強めている。

・今回の生中継の強要はかなり重大な出来事

どんな仕事よりも、命が最優先とされるべきだ。どんな人でも、熱中症や脱水症状は起きうるものである。そして容態が急変し、命を落とす事さえある。今回の生中継の強要は、かなり重大な出来事なのではないだろうか。

もっと詳しく読む: 安藤優子アナが謝罪せずグッディ視聴者怒り / 熱中症寸前スタッフに生中継強要(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/08/20/fuji-tv-goody-ando-yuko-news/

Source: バズプラスニュース

スポンサーリンク


バズプラスニュース
Another Writerをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました