【るろう】和月伸宏「敵を倒してヤッターという展開が苦手。善悪をこっちが決めるのは違う気がする」

ライフハックちゃんねる弐式


1 :風名し

俺が「敵を倒してヤッター」という展開が、どうも苦手なんでしょうね。
 そこは俺の作家性なのかもしれないです。基本的に「善」であれ「悪」であれ、「信念を貫くこと」や、
いろんな戦いの中で「より高みを目指すこと」が好きなんですよ。だから、善悪をこっちで決めて倒してしまうのは、
どうも違う気がしてしまうんです。なんとなくそういうのが好きなのかな、とも思いますが(笑)。

スポンサーリンク


 でもね、やっぱり王道とは何かをほじくっていっても、「敵を倒してヤッター」で読者は納得いかないはずだ……とも信じてます。
むしろ、敵と味方は、しばしば「鏡映し」だったりもするんです。だからこそ俺は、剣心が志々雄に勝ったからといって、
こっちが正しいことにはならないというのを、作中で強調するんです。

90年代格闘ゲームがジャンプ作家に与えた衝撃。『るろ剣』再開の和月伸宏が語るその影響
https://news.denfaminicogamer.jp/game-gene/watsuki-interview/3

23/01/23 23:38 ID:nucrJbpE0.net
.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }
続きを読む
Source: ライフハックちゃんねる弐式

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました