一般家庭にあるWi-Fiルーターで人間の3D画像を生成することが可能

GIGAZINE

Wi-Fiルーターを使用して人間の位置や体勢を検出・認識し、3D画像を生成する方法をカーネギーメロン大学の研究者が発表しました。誰でも簡単に入手可能なWi-Fiルーターで3D画像を生成することができるということで、ヘルスケア・セキュリティ・ゲーム(VR)などの分野にとってのブレイクスルーとなる可能性が指摘されています。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました