イーロン・マスクの施策でTwitterのEU対応を担当したブリュッセル支社が閉鎖、EU当局者の間でコンプライアンスに関する懸念が発生

GIGAZINE

Twitterを買収したイーロン・マスク氏がその経営手腕を振るい、従業員のおよそ3分の2を解雇する大規模な人員削減を行いました。また、Twitterを長時間かつ猛烈に働く「ハードコアな職場」にするというマスク氏の宣言もあり、大量の従業員が退職しています。そんな中、ヨーロッパでEUのデジタル政策部門と調整を行っていたTwitterの担当幹部が退職し、EUと交渉を重ねてきたブリュッセル支社が閉鎖してしまったと報じられています。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました