地球では知られざる「もう1つの大量絶滅」が起きていたとの研究結果

GIGAZINE

地球は約4億4300万年前のオルドビス紀から始まり、デボン紀、ペルム紀、三畳紀、約6600万年前の白亜紀にかけて、主に5回の大量絶滅を経験しています。これらはすべて「肉眼で見える生物が生息している時代」に起こったイベントであり、まとめて「ビッグファイブ」と呼ばれていますが、一部の研究者は、既存の絶滅イベントに加え、これまで知られていなかったもう1つのイベントがあったのではないかと主張しています。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました