イーロン・マスクのTwitterにお金を払っているのは一体誰なのか?アダルトパフォーマーや極右インフルエンサーなどその正体が明らかに

GIGAZINE

2022年10月27日にTwitterを買収してから、イーロン・マスク氏はサブスクリプションサービスの「Twitter Blue」を収益改善戦略の中心に据えています。新しいTwitter Blueの目玉は、アカウント名の横に表示される青色チェックマークである「認証済みバッジ」を誰でも有料で購入できるようになるというもの。新しいTwitter Blueがリリースされたのち、認証済みバッジを取得したなりすましアカウントが大量発生したことが問題となり、Twitter Blueの販売は一時停止されています。しかし、Twitter Blueで認証済みバッジを購入したアカウントは14万件以上も存在しているそうで、これらが一体どのような人たちなのかをソフトウェア開発者のトラヴィス・ブラウン氏が分析しています。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました