【悲報】奈良時代の社畜、見つかってしまう

アルファルファモザイク

コロナ 木簡 女官 中略 役人に関連した画像-01
奈良市の平城宮跡から、奈良時代の女官と呼ばれる女性の役人の勤務評価を記したとみられる木の札「木簡」が初めて見つかりました。

この女性は年間329日も出勤していたとみられ、研究者は「奈良時代の女官の実態を知るうえで貴重な資料だ」としています。

スポンサーリンク


<中略>

研究所によりますと、都で働く役人は原則、ひと月に5日の休日を取ることが定められ、男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だったということで、この女性は、当時の規定を大幅に上回る出勤日数だったことがうかがえます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220803/k10013750621000.html
※上記リンクより、一部抜粋しています。続きはソースで

document.write(” + ”);

Source: アルファルファモザイク

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました