深夜に起きているとネガティブな思考が強まって暴飲暴食に走ってしまうのはなぜか?

GIGAZINE

夜中にネガティブな考えが浮かんでしまい、寝付けなくなっているうちに思わず何かを口に運んでモグモグしてしまったことのある人はいるはず。人間は夜中に目を覚ましているとポジティブな感情よりネガティブな感情に注意が向きやすくなり、さまざまな行動の抑制が効かなくなるそうです。なぜ人は夜になるとネガティブな思考をしてしまうのかについて、ハーバード大学の研究チームが見解を論文にまとめています。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました