水をかけると活性化する「紙製の使い捨て電池」

GIGAZINE

環境への影響を最小減に抑えることが期待された新型電池「紙電池」が考案されました。塩が練り込まれた紙を水で湿らせると塩が溶け出し、電解質として働くという仕組みです。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました