【地獄】大谷翔平、もうボロボロ

アルファルファモザイク

アスレチックス エンゼルス アナハイム 年月日 アスレチックス戦に関連した画像-01
◇ア・リーグ エンゼルス―アスレチックス(2022年8月3日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は3日(日本時間4日)、本拠地エンゼルスタジアムでのアスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で今季18度目の投打同時出場。勝ち越し2ランを被弾し、6回途中3失点で、7敗目を喫した。登板試合の3連敗は日米を通じ自身ワーストで、またも、1918年のベーブ・ルース以来104年ぶりとなる同一シーズン「2桁本塁打&2桁勝利」は持ち越しとなり、連続試合2桁奪三振も「6」でストップ。7回の打席では代打を送られて途中交代となった。エ軍は1―3で敗れた。

 大谷は試合後、同点の3回1死二、三塁の第2打席は三直、1点を追う5回1死二塁の第3打席は遊ゴロだっただけに「自分で打っていれば勝てた」と話した。途中交代については、降板後に右前腕がつったようになったと言い、「足がつりそうな感じと一緒。中(ベンチ裏)で打とうとした時につりそうになった。いけそうではありましたけど大事を取って。降板して次の打席に向けた準備の中で」と説明した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/500bde70afda644ee011a081e1431e1d0e2d713c

スポンサーリンク


※上記リンクより、一部抜粋しています。続きはソースで

//platform.twitter.com/widgets.js

//platform.twitter.com/widgets.js

document.write(” + ”);

Source: アルファルファモザイク

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました