全長170km・高さ500mの鏡張り巨大空間に900万人を詰め込む未来都市計画「THE LINE」をサウジアラビア皇太子が発表

GIGAZINE

現地時間の2022年7月26日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が紅海沿岸に建設予定の未来都市「THE LINE」のデザインを発表しました。THE LINEはサウジアラビアのスマートシティ計画「NEOM」の一環であり、高さ500m・幅200m・全長170kmというライン状の鏡張り建造物の中で、900万人もの人々が健康的かつ持続可能な生活を送れるとのことです。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました