【速報】スキージャンプ失格の真相が明らかに

アルファルファモザイク

クラレ 高梨沙羅 失格 波乱 困惑に関連した画像-01
12022/02/08(火) 09:00:31.44ID:1dnCQ3/X0●

北京五輪で初採用された7日のノルディックスキー・ジャンプ混合団体(HS106メートル、K点95メートル)は、日本の高梨沙羅(クラレ)を含む強豪4カ国の女子選手5人が、スーツの規定違反により失格となる波乱の展開となった。個人ノーマルヒル銀メダルのカタリナ・アルトハウス(ドイツ)も含まれ、関係者は困惑の声を上げた。

スポンサーリンク


 「私にしてみれば、操り人形の舞台のようだ。今季はずっとスーツが問題になっている。信じられないほどの怒りで理解できない」。ロイター通信によると、ドイツ代表コーチのホルンガッハー氏はこう嘆いた。アルトハウスは5日の個人戦と同じスーツを着用したという。

 ノルウェーは2選手が違反と判定された。シリエ・オプセトは「ただショックを受けている。起こったことが何も理解できない」と落胆。アンナオディネ・ストロムはスーツの検査法について「少し変な感じで従来のやり方と異なっていた」と指摘。「この1週間、隔離されていて、きちんと食事を取っていなかったことによる結果だと思う」と語った。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022020800305&g=spo

document.write(” + ”);

Source: アルファルファモザイク

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました