食料品店の棚が空っぽになって食料不足に陥る危機がアメリカで相次いでいる理由とは?

GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが起きた2020年前半には、各国で買い占めが発生して食料品やトイレットペーパーなど、さまざまなものが不足しました。2022年1月には、再びアメリカの食料品店で棚が空っぽになる事態が相次いでいると報じられています。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


GIGAZINE
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました