Appleは独自の5Gモデムチップを2023年までにiPhoneに採用するとの報道

GIGAZINE

Appleは半導体メーカー・Qualcommへの依存を減らすために、iPhoneやiPadでは独自設計のSoCを採用しており、最新のiPhone 13シリーズでは「A15 Bionic」チップが搭載されています。このような独自設計のチップを採用する試みをAppleは加速させ、2023年にはiPhone用の5Gモデムを世界最大のファウンドリであるTSMCを用いて製造すると報じられています。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


GIGAZINE
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました