エリザベス1世の宮廷占星術師が使用した「霊視鏡」の起源はアステカにあると判明

GIGAZINE

1558年から1603年にかけてイングランドを統治したエリザベス1世には、数学や錬金術に秀でた占星術師のジョン・ディーが仕えていました。そんなディーが使用していた「霊視鏡」と呼ばれる現存する黒曜石の鏡について、新たな研究により「アステカ文明のものである」ということが明らかになりました。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


GIGAZINE
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました