ViacomCBSがNFTスタートアップRecurとの提携でNFTに参入、普通のカードでも購入可

TechCrunch Japan

メディアコングロマリットのViacomCBS(バイアコムCBS)がNFTに参入する。NFT(非代替性トークン)はブロックチェーン上に保存された所有権にリンクしたデジタル資産だが、デジタルアートやコレクターズアイテムの売買によく使われており、その潜在的な市場が注目されている。ViacomCBSは、NFT企業であるRecur提携し、2022年から同社の象徴的なIPやフランチャイズをデジタルコレクターズアイテムの世界に導入することを発表した。これには、CBS、MTV、Showtime(ショウタイム)、Paramount Pictures(パラマウント・ピクチャーズ)、BET、Nickelodeon(ニコロデオン)、Comedy Central(コメディ・セントラル)といったViacomCBSのトップブランドの番組や映画の商品やコレクターズアイテムが含まれる。

このプロジェクトの詳細については同社は多くを明らかにしていないが、ファンが同社のポートフォリオに含まれるNFTを購入、収集、取引できる場所を作ることになると述べている。また、このプラットフォームは「ピア・ツー・ピアのエンゲージメントを促進し、ユーザーが新しい体験をするための革新的な方法を促進する」とも述べており、マーケットプレイスの側面だけでなく、新しい体験にはソーシャルな要素があることを示唆している。

最近、5000万ドル(約56億7000万円)のシリーズAを調達し、ローンチ前の評価額を3億3300万ドル(約377億円)に高めたRecurは、現在、NFTU.comというNFTプラットフォームの構築に取り組んでいる。このプラットフォームは、デジタルライセンシング企業であるVeritone(ベリト―ン)と共同で構築しており、Pac-12 Networksの大学スポーツビデオコンテンツ(スポーツハイライトなど)を使ったNFTを提供する。

このプロジェクトから、ViacomCBSが自社のNFT計画で何を考えているのか垣間見ることができる。

すでに多くのNFTマーケットプレイスが存在しているが、Recurの計画は、あらゆる暗号資産で鋳造される定期的なロイヤルティを標準化する技術を開発することだ。この決定は、NFTが「チェーンアグノスティック(非依存)」になることを意味し、より多くの潜在的なファンを暗号資産エコシステムに引き入れることになる。ブランドパートナーやIP保有者にとっては、NFTが自分のプラットフォームを離れて他の場所で再販された場合、元の権利者はその販売や再販から継続的なロイヤルティを無期限に受け取ることができるということだ。

スポンサーリンク


これは、デジタルコレクターズアイテムとなりうるIPを大量に保有するメディア企業にとって、魅力的なことだ。例えば、Spongebob Squarepants(スポンジ・ボブ)、South Park(サウスパーク)、Star Trek(スタートレック)などのグッズを考えてみて欲しい(ただし、ViacomCBSは、最初のディストリビューションにどの番組を含めるかを発表していない。また、そのような決定を下す前に、IPに関連するクリエイターや俳優などと、より複雑な権利関係の話し合いが必要になる可能性もある)。

また、Recurのチェーンにとらわれないアプローチにより、NFTの購入には、暗号資産だけでなく、米国のクレジットカードやデビットカードも使用できるようになる。これは、暗号技術のアーリーアダプター以外の、より多くの人々にリーチしたい企業にとっても魅力的なことだ。

この新しいプラットフォーム(基本的にはRecurが提供するホワイトラベルのマーケットプレイス)は、2022年春にローンチするとViacomCBSは述べている。

NFTを導入するメディア企業は、ViacomCBSが初めてではない。メディア業界の著名人に加え、CNN、The New Yorker(ザ・ニューヨーカー)、Time(タイム)、Playboy(プレイボーイ)、Lionsgate(ライオンズゲート)、Media CentralGannett(ガネット、USAトゥデイなどの親会社)、Fox(フォックス)などがNFTを採用したり、独自の調査や実験を始めている。

ViacomCBSのコンシューマープロダクツ担当プレジデントであるPam Kaufman(パム・カウフマン)氏は、声明でこう述べている。「愛されているキャラクターや多世代に渡って愛されているアイコニックな作品に後押しされ、当社のコンシューマープロダクツのプレゼンスを、成長を続けるメタバースに向けてさらに加速させることができ、大変うれしく思っています。Recurと協力し、ViacomCBSのIPに特化したNFTプラットフォームを構築することで、熱心なコレクターも、初めてNFTを購入する方も、お気に入りのシリーズの一部を所有するユニークな機会を得ることができます」。

また、ViacomCBSは、NFTの販売による収益化には当面注力せず、このプラットフォームをコミュニティ構築やファンのエンゲージメントのために活用したいと考えているとのこと。

画像クレジット:ViacomCBS

原文へ

(文:Sarah Perez、翻訳:Dragonfly)

Source: TechCrunch Japan

スポンサーリンク


TechCrunch Japan
katsuyukiyasuiをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました