メモ・ドキュメント・wiki・プロジェクト管理などオールインワンのワークスペース「Notion」が日本語ベータ版提供開始

TechCrunch Japan

メモ・ドキュメント・wiki・プロジェクト管理などオールインワンのワークスペース「Notion」が日本語ベータ版提供開始

メモ、ドキュメント、wiki、タスク管理、プロジェクト管理などの作業を統合したオールインワンのソフトウエア「Notion」(ノーション)の日本語ベータ版が、10月13日にリリースされた。サンフランシスコを拠点とするNotion Labsが2018年に公式リリースした製品だが、全世界で利用され、日本でもすでに大手企業の他、1000社以上のスタートアップが導入している。日本語化によって、日本のユーザーサポートを強化されるという。

Notionは、さまざまな機能の組合せをカスタマイズして、企業などのチームのワークフローに即した環境を構築できる。「すべての情報や知識を一箇所に集約することで、より効果的なチーム連携を可能にします」とNotion Labsでは話している。

スポンサーリンク


日本語化されるのは、ホームページ、ブラウザー利用、デスクトップアプリ、モバイルアプリ、ヘルプページ、ガイド、テンプレート、サポートとなっている。デスクトップアプリとモバイルアプリの日本語化は、今後数週間で順次展開される予定。

現在、Notionは、約80%が米国外のユーザーに利用されている。2020年8月から2021年8月までの1年間で、日本を含む世界中でデイリーユーザー数は4倍に増えた。また日本国内には6つの地域コミュニティーがあり、1200人以上が参加しているという。

ちなみに、Notion Labs共同創業者のアイバン・ザオ氏(CEO)とサイモン・ラスト氏は、このソフトを開発中に京都に滞在したことがある。そこで、「職人の細部へのこだわりや日本のホスピタリティー」に感銘を受けた。Notionの製品とサービスには、京都で得たインスピレーションが活かされているとのことだ。

Source: TechCrunch Japan

スポンサーリンク


TechCrunch Japan
tetsuokanaiをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました