Instagramがサービス停止時にアプリ内でそれを通知する機能をテスト中

TechCrunch Japan

Instagram(インスタグラム)はプラットフォームの停止や技術的な問題が発生したときにユーザーに通知する機能をテストする。通知はユーザーのアクティビティのフィードに表示される。同社は、停止するたびにユーザーに通知を送るわけではないが、ユーザーが「混乱し答えを求めている」と判断される場合に、通知によって状況を明らかにすることができるかどうかを判断するとしている。

今回の発表の少し前である日本時間10月5日にFacebookとその傘下のサービスが長時間の停止に見舞われ、日本時間10月9日にも短時間停止した。Instagramは、この2回の停止は設定の変更に起因するが関係はないと説明している。

関連記事
フェイスブック、Messenger、Instagram、WhatsAppなどすべてがダウン中、DNS障害が原因か
フェイスブックとInstagramが再びダウン(30分ほどで復旧)

Instagramはブログの投稿で「コミュニティとの対話や広範囲にわたる調査を通じて、Instagramで一時的な問題が発生した際にどの程度の混乱が生じるかを把握しました。エンゲージメントや配信に影響を及ぼす際には、利用者がその問題は自分だけに起きていて自分の投稿のせいだと考える場合があることもわかりました。このように不明確な状況はいらだたしいことであるため、我々が状況を直接伝えて簡単に理解していただけるようにしたいと考えました」と述べた。

スポンサーリンク


自分側の問題でアプリが動作しないのではないかとユーザーが心配しなくて済むようになるので、この新機能がアプリに追加されることは歓迎だ。Instagramはこの新しいテストを米国で今後数カ月間実施する。同社は、この機能の有効性を確認するために少人数から始めてその後対象ユーザー数を増やしていくとしている。

画像クレジット:Instagram

Instagramは「アカウントのステータス」という新機能も発表した。これは自分のアカウントが無効になる危険性があるかどうかを簡単に確かめる機能だ。同社によれば、この新しいツールは「自分のアカウントがどういう状態かを確かめるためのワンストップショップ」になるという。Instagramが誤って自分の投稿を削除したと考えるユーザーは、このツールですぐに「レビューをリクエスト」を選択してアピールすることができる。

Instagramはこのツールにさらに情報を追加し、自分のコンテンツがアプリのさまざまな部分でどのように配信され、おすすめされているかをユーザーが把握できるようにする計画だ。同社は、この2つの新機能について今後さらに情報を共有していくとしている。

画像クレジット:Bryce Durbin/TechCrunch

原文へ

(文:Aisha Malik、翻訳:Kaori Koyama)

Source: TechCrunch Japan

スポンサーリンク


TechCrunch Japan
Aisha Malikをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました