チェルノブイリに不法侵入した体験記が公開中

GIGAZINE

1986年に発生したチェルノブイリ原子力発電所事故の影響を受けた地域、通称「ゾーン」は近年では人気の観光スポットになっています。そんなゾーンの中でも原子力発電所から半径30kmの地域は事故以降立入禁止区域となっていますが、旅行客を案内する現地のガイドの中には、この立入禁止区域に不法侵入する「違法ツアー」を行う者もいるとのこと。そんな違法ツアーに参加した写真家兼ライターのアラム・バラクジャン氏が、チェルノブイリの危険地帯を歩き回った体験をつづりました。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


GIGAZINE
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました