TwitterID強奪のため「スワッティング」を受けたTwitterユーザーが死亡する事件が発生

GIGAZINE

2020年4月、アメリカ・テネシー州に住む男性が、虚偽の通報により武装した警察隊を派遣させるスワッティングの被害を受け、その直後に急死する事件が発生していたことが分かりました。この事件で、男性に対してTwitterのIDを譲るよう脅迫していた未成年者と元未成年の男2人が摘発されました。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


GIGAZINE
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました