【胸糞注意】夫の死で「銀行口座凍結」…生活費が引き出せなくなった妻のヤバすぎる末路

アルファルファモザイク

冷や汗 未払い 田口久子さん 信用金庫 ヤバすぎる末路に関連した画像-01
口座を凍結させていただきました
葬儀費用が100万円、未払いの医療費が20万円、電気代が月5000円、固定資産税が15万円……。おカネの支払いを求められるたび、冷や汗をかく。田口久子さん(77歳・仮名)が3年前に体験した出来事だ。

「夫が亡くなり、地元の信用金庫でおカネを下ろそうとしたときのことです。ATMにキャッシュカードを入れると、『お取り扱いできません』と表示され窓口に行きました。すると『旦那様が亡くなったと伺い、口座を凍結させていただきました』と言われたのです」

死後、遺産をどうやって分けるかが確定するまでは、銀行は口座を凍結する。
家族の誰かが勝手に預金引き出し、トラブルになるのを防ぐ必要があるからだ。

スポンサーリンク


凍結を解除するにはまず、遺産分割協議書を用意する。そのうえで、亡くなった人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本、すべての相続人の戸籍謄本と印鑑登録証明書など、多岐にわたる書類を集めて提出しなければならない。
夫を失って精神的に弱っている中、2ヵ月、3ヵ月とダラダラと時間が過ぎていき、やがて自分の預金口座の底が見え始める―。
こうした事態を避けるために、’19年7月から「預貯金の払戻し制度」がスタートした。これを利用すれば、遺産分割協議の途中であっても、金融機関ごとに最大150万円を出金できる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ad9735f794b901f187955927d240d96c517bdbe
※上記リンクより、一部抜粋。続きはソースで

document.write(” + ”);

Source: アルファルファモザイク

スポンサーリンク


アルファルファモザイク
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました