【悲報】 中国シノファーム製コロナワクチン、1回目の接種を受けてから2回目を受けるまでの間の有効性はわずか3%だった

アルファルファモザイク

コロナ シノファーム ファイザー製 チリ 中国シノファーム製コロナワクチンに関連した画像-01
シノファーム製のワクチンの有効性を、中国政府の内部ですら否定する流れになっていることが窺える。

スポンサーリンク


シノファームは2種類の不活化ワクチンを製造しており、医学雑誌JAMAに先ごろ発表された結果によると、その有効率は72.8%と78.1%だとされている。
ファイザー製などと比べると見劣りするとはいえ、かなり高い有効性を示していることになるが、果たしてこれは本当のデータなのだろうか。

チリ大学が発表した研究結果によると、チリで使われたシノファーム製ワクチンは、1回目の接種を受けてから2回目を受けるまでの間の有効性はわずか3%だった。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83995?imp=0
※上記リンクより、一部抜粋。続きはソースで

document.write(” + ”);

Source: アルファルファモザイク

スポンサーリンク


アルファルファモザイク
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました