ソーシャルメディア依存症が「ネットいじめ」と関連している可能性が高いとの研究結果

GIGAZINE

10代の青少年を対象とした調査により、SNSの使用がやめられない「ソーシャルメディア依存症」の状態にある若者はネットいじめに関与することが高いことが判明したとの研究結果が発表されました。この結果から、専門家は「何かが起きる前にソーシャルメディア依存症への対処をすることが、ネットいじめを防ぐ上で重要」と訴えています。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


GIGAZINE
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました