アメリカが中国のスパコン関連事業体7つを「国家安全保障上の懸念がある」としてブラックリストに追加

GIGAZINE

近年ではアメリカと中国の貿易戦争が激しくなっており、アメリカ政府は中国最大の半導体ファウンドリであるSMICやドローン最大手のDJIなどをブラックリストに指定して禁輸措置を執っています。2021年4月8日、アメリカ合衆国商務省が新たに中国のスーパーコンピューター開発に関連する7つの企業や組織を、「国家安全保障上の懸念がある」としてブラックリストに追加したことが判明しました。

スポンサーリンク


続きを読む…

Source: GIGAZINE

スポンサーリンク


GIGAZINE
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました