【悲報】男児くん(5)、ミートボールつまみ食いして亡くなってしまう

アルファルファモザイク

ネウボラロッツ ミートボール 県警 男児 月日に関連した画像-01
障害のある子どもが通う和歌山県岩出市の児童発達支援センター「ネウボラロッツ」で2020年12月通所していた5歳の男児が昼食に出されたミートボールを喉に詰まらせ、搬送先の病院で死亡した。県などへの取材で明らかになった。
県や県警が当時の状況や、職員の対応に問題がなかったかなどを調べている。

スポンサーリンク


県によると、事故があったのは12月22日。男児はあごの力が弱く、食べ物を細かく刻む必要があった。
センターは県に対して「職員が目を離したすきに刻む前のミートボールを男児がのみ込んだ」と説明しているという

※上記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210113-00000075-mai-soci

document.write(” + ”);

Source: アルファルファモザイク

スポンサーリンク


アルファルファモザイク
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました