グーグルの会話型AI「Duplex」がコロナ禍で300万件以上のビジネスリスティングを更新

TechCrunch Japan

Google(グーグル)は米国時間10月15日、レストランの予約やGoogleビジネスリストの更新などに自然な会話を利用できる同社のAIテクノロジーであるDuplexに関するアップデートを提供した(Googleリリース)。新型コロナウィルスの感染拡大が始まったとき、同社はビジネス拡大のためのDuplexのサービスを8カ国に拡大。それ以来、薬局、レストラン、食料品店などのビジネスリストに300万件以上の更新を行ってきたという。

これらの更新は、GoogleマップとGoogle検索で200億回以上見られていると同社は述べている。

2018年の開発者カンファレンス「Google I/O」で初めて紹介されたこのAIテクノロジーは、企業に電話をかけたり、電話に出た人と対話したりすることができる。予約の場合、日時をリクエストしたり、質問に答えたりできる。さらにはAIをより人間らしく見せるために音を鳴らすことも可能だ。例えば、「mm-hm-hm」や「um」のような微妙な声の区切りを会話に挿入することもできる。

同社は、Googleアシスタント内蔵のDuplexは、ローンチ以来100万件以上の予約を完了したと本日発表している。同社はまた、昨年から米国のGoogleマップとGoogle検索のビジネス情報を自動的に更新するためにDuplexを使用するようになったことにも言及しており、ビジネスオーナーが店舗の営業時間やテイクアウトを提供しているかどうかなどの詳細を、手動で更新する手間を省くことができる。

スポンサーリンク


そのほかにも同社は、昨年に映画のチケットの購入やレンタカーなどの予約を簡単にするために、米国のウェブにDuplexを導入した。本日の発表では、ショッピングや注文した食品をより早くチェックアウトできるようにする機能など、ほかのことでも同じ体験を試験的に開始する予定を明らかにしている。

同社は数週間前にも、Duplex機能に「Hold for Me」(私のために保留して)機能を追加している。これを使えば、Googleアシスタントを使って電話をつないだままにしておき、誰かが電話口に出たときに通知を受け取ることができる。

ニューラル音声認識と合成、そして独自の新しい言語理解モデルの進歩のおかげで、同社は本日、Duplexの通話の99%が完全に自動化されていると説明した。

Duplexのアップデートは、同社が本日開催したSearch On 2020イベントで発表したいくつかの発表のうちの1つで、鼻歌で曲を検索、スペルミスをよりよく推測、質問に答えるためにページの正しい部分をユーザーに指し示す、動画のキーモーメントをタグ付けできるなど、多くの検索機能の改善が紹介されている。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Google、Duplex

画像クレジット:Google

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)

Source: TechCrunch Japan

スポンサーリンク


TechCrunch Japan
Sarah Perezをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました