セダンタイプの電気自動車Lucid Airの普及モデルは実質約736万円で登場

TechCrunch Japan

電気自動車メーカーのLucid Motors(ルーシッド・モータース)は、ついにセダンタイプの電気自動車Lucid Airの最も安価な車の価格を明らかにした。価格は7万7400ドル(約815万円)からで、米国では多くの人が7500ドル(約79万円)税額控除が受けられるので実際の価格は6万9900ドル(約736万円)になる。

Lucid Airのこの低価格バージョンは、当然のことながら装備が少なくなっている。ただしLucid Motorsによると、480馬力のパワートレインを搭載しており、408マイル(656km)の走行が可能だという。デュアルモーター、全輪駆動バージョンも利用できる。

このモデルは、Lucidの成功に不可欠なものだ。同社は以前、より高価格なLucid Airセダンのスペックと価格を発表した。今回発表されたモデルはほかのモデルよりも大幅に安価で、競争力のある機能を提供しながら、より多くの購入者にリーチすることができる。

スポンサーリンク


本日までは同社は、低価格モデルが8万ドル以下になることだけを明言していた。

TechCrunchとの最近のインタビューの中で、LucidのCEOであるPeter Rawlinson(ピーター・ローリンソン)氏は「Lucid Airが8万ドルよりも驚くほど安い価格で提供されるだろう」と語っていた。

Lucid Airは、Tesla(テスラ)によって支配されている電気自動車市場に投入される。Lucid AirはTesla Model Sと同じような価格で、デュアルモーター、全輪駆動、幅などの仕様もほぼ同じだ。

関連記事:イーロン・マスク氏がTesla Model Sの値下げをツイート、米国で730万円程度に

カテゴリー:モビリティー
タグ:Lucid Motors、Lucid AirLucid Air、電気自動車

画像クレジット:Lucid Motors

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)

Source: TechCrunch Japan

スポンサーリンク


TechCrunch Japan
Matt Burnsをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました