【悲報】コロナ軽症だった大学生たち、陰性半年後も発熱・息切れ・倦怠感が治らず

アルファルファモザイク

コロナ コロナ軽症 息切れ 倦怠けんたい感 自粛に関連した画像-01
新型コロナウイルスの感染者が回復し、陰性となった後も息切れや倦怠けんたい感などを訴える事例が国内外で相次いでいる。
症状は重症化のリスクが低いとされる若い世代にも。後遺症との見方もあるが、原因など詳しいことはわかっていない。厚生労働省が実態調査に乗り出している。

スポンサーリンク


※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.yomiuri.co.jp/national/20201014-OYT1T50308/

document.write(” + ”);

Source: アルファルファモザイク

スポンサーリンク


アルファルファモザイク
okkをフォローする
笑いは世界を救う
タイトルとURLをコピーしました